停電リスクを軽減する最適なバッテリー紹介

停電になると、日常生活の要である電化製品が使えなくなってしまいます。

バッテリーを利用することで、停電がもたらす生活へのダメージを緩和する事ができるので、停電時に適したバッテリーを紹介しますので停電対策の参考にしてみて下さい。

 

 

目次

1.停電の影響と家庭での対応方法

電化製品への影響

断水の影響

一部ガス機器

停電時の対応

2.停電向きのバッテリー!種類と特性を紹介

モバイルバッテリー

ポータブル電源

3.停電に最適なのはJackeryのポータブル電源

4.まとめ

 

 

1.停電の影響と家庭での対応方法

 

停電の際に、家庭内で起きる影響は大きく分けて「電化製品」「断水」「ガス給湯器」の3つに分かれます。

電化製品への影響

 

電化製品が使用できなくなります。

電気が止まって影響の大きい箇所で代表的なのは以下です。

  • 照明
  • 冷蔵庫
  • 冷暖房機器
  • 各種情報機器の充電・使用

 

 

断水の影響

 

水道水の利用ができなくなり、飲料水の確保やおふろ、トイレの利用ができなくなる場合があります。

 

一部ガス機器

 

給湯器が電気を利用しているため停止してしまうことがあります。ガスが停止していなくても、お湯が使えない他、お風呂に入れないなどの影響があります。

 

停電時の対応

 

停電時には、停電の状況を確認し安全を確認した上で電気の復旧を待つのが基本的な対応になります。

停電時の備品としては以下の一覧などがあると便利です。

 

  • 飲食料品
  • 照明
  • 情報収集用の機器
  • カセットコンロ・ガスボンベ
  • 電池・バッテリー
  • 衛生管理用品
  • 暑さ対策グッズ
  • 寒さ対策グッズ

 

2.停電向きのバッテリー!種類と特性を紹介

 

停電時の生活で最も影響が大きいのはやはり電化製品です。

裏を返せば、電気の問題を解決できれば停電の不安はある程度解消できます。

 

電気を供給する手段としてはバッテリーがおすすめですが、バッテリーにも小型のモバイルバッテリーとポータブル電源の2つに分けられます。

 

モバイルバッテリー

 

事前に充電しておいて使用する、携帯型の小型バッテリーです。

主にスマートフォンやタブレットといった小型機器の充電に用います。

 

停電時には情報収集のためのスマートフォンの充電や、ライトの充電などに用いることができます。

ポータブル電源

 

モバイルバッテリーとは異なり、大型のバッテリーです。

ポータブル電源の中でも機種によっては、100Vのエアコンを動かせるほどの大容量のものもあります。

 

基本的には事前に充電した電源を用いて使用しますが、ソーラーパネル対応のものもあるため、電気の復旧までの時間がかかっても安心です。

 

停電の際に考えなければいけないのが、停電が長期化する可能性です。

 

大規模停電の際は、概ね3日程度で復旧すると言われており、停電全般で活躍するのはポータブル電源と言えます。

 

停電対策としてポータブル電源を選ぶ際は以下の4点に注目すると良いでしょう。

 

  • 安心して使える
  • 寿命が長い
  • ソーラーパネル対応
  • 操作が簡単

 

3.停電に最適なのはJackeryのポータブル電源

 

おすすめの非常用バッテリーはJackery(ジャクリ)のポータブル電源です。特に、ポータブル電源とソーラーパネルをセットにした「Jackery Solar Generator シリーズ」は、長期の停電でも問題ありません。

 

また、Jackeryのポータブル電源は世界中で300万台以上の販売実績を持っているのに加えて、国内では「防災製品等推奨品認証」を取得しており、製品の高い安全性と、信頼性を誇っています。

 

より一層、高い安全性とポータブル電源の寿命を求める場合は「Jackery Solar Generator Plusシリーズ」もオススメです。

 

リン酸鉄リチウムイオン電池を採用したポータブル電源となっているため従来品以上に安心です。

 

4.まとめ

 

モバイルバッテリーで動かせる機器には制限が多く、停電対策としては脆弱となってしまいます。

 

停電に向けたバッテリーを用意するのであれば、モバイルバッテリーではなくポータブル電源を用意しましょう。

 

ポータブル電源を選ぶ際は「安心して使える」「寿命が長い」「ソーラーパネル対応」「操作が簡単」の4点に注目して選べば失敗はありませんので、ぜひ検討してみて下さい。

 

 

 

READ  協働ロボットの基本とそのメリットを理解する