災害時に電気を使うための方法は?役立つJackeryポータブル電源も紹介

近年、大規模な災害が発生することが増えていますが、災害時にも電気が使えるように備えておきたい方もいるでしょう。

この記事では、災害時に電気を使う方法と、災害時の非常用電源としてポータブル電源をおすすめする理由を併せて解説します。

災害時に電気を使う方法

固定式の太陽光発電

自宅の屋根やカーポートなどに設置する太陽光発電があれば、停電時でも電気が使用できます。

ただし、自宅から避難しなけらばならなくなったときには役には立ちません。

ガソリン式発電機

家庭用の発電機として一般的に広く普及しているのが、ガソリン式の発電機です。

比較的長時間使用できるメリットがありますが、危険物であるガソリンを使用することと、排気ガスを排出することがデメリットです。

カセットボンベ式発電機

ガソリン式の発電機と同じく、一般家庭用の発電機として近年広く普及しました。

燃料であるカセットボンベを入手しやすいというメリットがありますが、ガスの消費が早いため、長時間の使用には向いていません。

ポータブル電源

充放電ができるバッテリーを内蔵している、持ち運びが可能な電源です。

災害時の非常用電源として、近年急速に普及しています。

災害時の非常用電源としてポータブル電源がおすすめな理由

排気ガスが出ない

ポータブル電源は、ガソリン式の発電機やカセットボンベ式の発電機と違って、排気ガスが出ないというメリットがあります。

ソーラーパネルで充電できる

ポータブル電源は、災害時に停電が発生しても、ソーラーパネルがあれば太陽光を受けて充電できるというメリットがあります。

持ち運びができる

ポータブル電源は、固定式の太陽光発電機と違って、どこへでも持ち運びができるというメリットがあります。

災害時の非常用電源としておすすめのJackeryポータブル電源

多くのメリットがあるポータブル電源ですが、メーカーの数が多過ぎてどのモデルを選べばよいか分からない方もいるでしょう。

ここでは、災害時に役立つJackeryおすすめのポータブル電源を紹介します。

Jackeryポータブル電源2000Plus

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」は、災害時の非常用電源としておすすめのポータブル電源です。

2042Whという大容量と、3000Wという高い定格出力が、あらゆる家電製品を使用を可能にしています。

また、最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しており、4000回ものサイクル回数が可能なので、毎日フル充電しても10年以上使えます。

Jackeryポータブル電源1000Plus

「Jackeryポータブル電源 1000 PLus」は、Jackeryポータブル電源の中でもミドルクラスのモデルですが、災害時の非常用電源としておすすめのポータブル電源です。

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」と同じようにリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しており、サイクル回数も同じく4000回あります。

容量は1264Wh、定格出力は2000Wあり、少人数の家庭で使用する場合には特にコストパフォーマンスの高いモデルです。

https://www.jackery.jp/products/explorer-1000-plus-portable-power-station

 

Jackeryポータブル電源3000Pro

「Jackeryポータブル電源3000 Pro」は、容量の大きなポータブル電源が欲しい場合には特におすすめのモデルです。

Jackery最大の3024Whという圧倒的な容量を持つため、災害時でも非常用電源として多くの電力を供給してくれます。

定格出力も3000Wと高いので、特に消費電力の多い大人数の家庭においては重宝するでしょう。

https://www.jackery.jp/products/explorer-3000pro

 

まとめ

災害時に電気を使用できるかどうかは、災害の規模が大きければ大きいほど重要になってきます。

災害に備えてポータブル電源の購入をお考えの方は、大容量・高出力のJackeryのポータブル電源の導入をぜひご検討下さい。

READ  ビデオ通話もしやすいノートPCを選ぶには